TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

平日12:00~20:00
土曜日12:00~20:00
日曜日12:00~20:00
定休日火曜日・木曜日

1日で出願エッセイ完成

学院長コラム

コンサルティングの本質

コンサルティングは、クライアントに最適な解決策を提示する仕事ではありません。
その理由は、コンサルタントがクライアント以上にクライアントの業務や市場に精通しているわけがないからです。

ではコンサルティングの仕事は何でしょう?
それはクライアントが自ら最適解を見つけるプロセスを早める点にあります。

クライアントは個々の分野の専門家として、多くの業務要素を考えています。
しかし多くのことが見えている反面、これが思考の方向を固定してしまうこともあります。

コンサルティングは、このような固定された思考からクライアントを解放するプロセスです。

具体的には、各種の質問を投げかけることで、クライアント自らが自己検証する機会を創出し、クライアント自らが最優先事項を判断し、さらに意志決定が出来る環境を作ることです。
従ってコンサルティングに要求される能力は、質問能力とクライアントのアンサーを評価する能力と言うことになります。
さらに優れたコンサルティングでは、クライアントのアンサーを万人が理解できるスタイルに置き換え、また説得力のある表現に転換して行くべきです。

またこのような解決が最適であることの評価作業も重要です。この深い共通認識がなければ、プロジェクトそのものの信憑性が浅くなり、常に崩壊の危機と隣り合わせとなります。

しかしながら、限定された時間内でいかにクライアントと上記のゴールを達成出来るか、常に研鑽が必要になります。
この為にツール開発があるわけです。経営分野ではその一助がMBAであったりします。
ただし、MBAでどのツールを身につけるべきか、と言う戦略ミスで、全くMBAを生かせていない方が多数いることも世間の評価通りです。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ