TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

平日12:00~20:00
土曜日12:00~20:00
日曜日12:00~20:00
定休日火曜日・木曜日

1日で出願エッセイ完成

MBAスピード出願

エッセイ早期出願対策としてイフ外語学院では個別英文サンプルエッセイの提供を行っています。
これは本人が英文エッセイを書く前に学院側が英文エッセイを提供するシステムです。
従来の英文作成と比較して時間が大きく異なる点に注目して下さい。

従来の英文添削指導

  • 1.本人でエッセイ内容を構想(一人で考えるとかなり時間がかかる)
  • 2.本人で英文作成(かなり時間がかかる)
  • 3.外国人チェック。内容不明箇所を指摘される。
  • 4.指示に従い内容変更
  • 5.外国人による新しい内容での英文添削
  • 6.自分で読んで、コミュニケーション不足で本人の主旨と異なる内容の英文エッセイ箇所を見つける。(これは多々発生している)
  • 7.再度外国人と話をし、自分の真意を伝える努力を行う。
  • 8.外国人によるチェック後、自分で英文書き直し。
  • 9.英文最終添削

1つのエッセイを完成させる為に妥協して上記5までで終了させた場合でも、1つのエッセイ作成で6時間、全4問で24時間必要。
イフ外語学院が提供する英文サンプルの4倍の時間必要。こだわる人は9回のプロセスが必要であり、
1つのエッセイで合計時間は9縲・4時間必要になる。

1校分4つのエッセイにかかる時間:36時間〜56時間

イフ式エッセイ指導

  • 1.個別レッスン(準備無しも可能)で自分のアピールポイントのディスカッション。
  • 2.ディスカッションしながら、英文サンプル完成。
  • 3.30分200ワード60分400ワード程度
  • 4.自分でサンプル英文を元にオリジナル化
  • 5.外国人のWEB添削

1つのエッセイ作成の完成時間60〜90分
本人所用時間 約2時間
できあがりが気にいらなければ再度、ディスカッション。

1校分の4つのエッセイ2000ワードに要する時間:約8時間

重要ポイント

イフ式でも1校で8時間、これに推薦文作成で1校1名分2時間、2名分4時間。出願セットは履歴書も加え、1校目は15時間はかかります。
2校目からは1校セットで8時間程度で済むが、5校出願するだけでも47時間必要です。
忙しい方は4月頃から作成し始めないと、最初の11月初頭の締め切りにはとても間に合いません。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ