TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

平日12:00~20:00
土曜日12:00~20:00
日曜日12:00~20:00
定休日火曜日・木曜日

LAW・他大学院

2005年度 大学院合格体験記

  • 合格者プロフィール

    • 岡田員幸さん

      法政大学4年生
      現在までモントレー、ペース、サフォークのMBAに現役合格。
      バルーク他、残り4校結果待ち。

    【対談日】
    2005年3月17日(木)学院長カウンセリングルームにて。

    対談映像は左上再生画面にある再生ボタンを押して下さい。 映像の再生には、QuickTime4.1以降とブロードバンド回線が必要です。QuickTimeのダウンロード先は、 こちら

岡田さんとの対談後記(中野学院長)

大学4年生ながら居酒屋でのバイト歴が長く、またボストンにも10ヶ月の語学研修の経験があり、大人の世界を冷静な目で見ている青年という気がします。友人などのネットワークでイフを選び、アメリカではさほどTOEFLの点数が伸びなかったという経験を最大に生かしたと思います。特にイフのラボのLISTENINGシステムに着目し、本試験の加速音、劣化音の対策でボストンでは19点までしか伸びなかった点数を昨年4月からの4ヶ月で27点まで伸ばしたのは圧巻と言えます。アメリカで勉強したので、イフのラボ聞き取りシステムがアメリカにも存在しない貴重なものと判断できたわけですから、留学は無駄ではなかったわけです。

またカウンセラーからのアドバイスで春から秋にかけてエッセイを完成させ、残りの10月から翌年2月もTOEFL、GMATに集中できたのも判断力の勝利だと言えます。受験勉強期間がきっちり1年での大学生現役合格(現在3月18日まで出願校3校全勝)は「すばらしい」の一言です。岡田さんのメッセージとして、精神力とGMATの最後のポイントに関しては良く聞いておくべき内容があると思います。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ