TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

平日12:00~20:00
土曜日12:00~20:00
日曜日12:00~20:00
定休日火曜日・木曜日

LAW・他大学院

2005年度 大学院合格体験記

  • 合格者プロフィール

    • 川口 高広(たかひろ)さん

      京都大学 経済学部 2000年卒
      元NTT WEST勤務

      下記6校合格校中5校から奨学金獲得
      (2005年3月27日現在)

    イフ受講生-奨学金獲得率-最高記録
    Indiana, UC Irvine, UC Davis, Washington University in St. Louis, University of Washington Seattle, Vanderbilt
    TOEFL 277 GMAT 690

    【対談日】
    2005年3月28日(月)学院長カウンセリングルームにて。

    対談映像は左上再生画面にある再生ボタンを押して下さい。 映像の再生には、QuickTime4.1以降とブロードバンド回線が必要です。QuickTimeのダウンロード先は、 こちら

川口さんとの対談後記(中野学院長)

予算の少ない州立大学を含み良く奨学金をこれだけ勝ち取ったという点に感動します。川口さんは各大学院にとって、とても魅力的なJAPANESE STUDENTなのだと思います。現時点の合格校では年間1万2千ドルで合計250万円程度の奨学金を支給してもらえるようです。 MBA留学終了、就職前にイフの授業料に関しては元手以上を取り返したわけです。しかし奨学生のステータスはお金の利点だけではなく、キャリアにおいても非常に役立ちます。これは自分の履歴書に一流MBAからのSCHOLARSHIPを生涯記入できる点にあります。1枚の履歴書のインパクトにおいて学力、人物保証としてこれ以上のものはありません。

私費での留学であり、IT分野でのキャリアを念頭において基本的には西海岸、シリコンバレーで、コストパフォーマンスの高いMBAを念頭に受験を進められたわけですが、TOEFL、GMAT、ESSAYのどこにも隙がない万全の体制で臨まれたと思います。特にエッセイでの妥協はなく、自分の信念を文章化できた点が多数の大学院からの奨学金授与という結果につながったと思います。

イフ外語学院ではロータリー奨学金では毎年5名~7名程度、また大学院合格時に奨学金支給提示を受けるMBA希望者は毎年10名程度おられますが、川口さんのようにほぼ全校からのオファーは希有であり、今後相当エッセイに力を入れてもこの記録を破るのは難しそうです。いずれにしても大学院から奨学金付きで請われて入学というのは超かっこいいですね。

これからMBAを目指す方も著名校1校からの奨学金獲得程度は是非目指してもらいたいものです。それは生涯を通じた勲章となります。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ