TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

土曜日12:00~17:00
日曜日12:00~20:00
月曜日12:00~20:00
定休日火曜日~金曜日

TOEIC®テスト対策

TOEIC 最速得点 UP法

1、まずは読解から初めてみましょう。

TOEICを制作しているETSのreading問題 には、一定の不正解パターンがあります。
このパターンを理解すると、本文内容の理解度が低い場合も正解率が高くなります。
このreading不正解パターンは 、イフ外語学院のTOEIC990 速解Readingで解説されています。英単語力のない方、文法力のない方、 聞き取り能力のない方が、短期間で結果を出す唯一の方法と言えます。

・Readingで高得点を目指す場合の注意事項は、英文法のセクションで時間を無駄に費やさないことです。
 英文法は知識がなければ正解は得られませんので、英文法に自信がない方は、勘に頼って問題を早く解くことを意識してください。

・Readingのセクションに時間を重点配分することで、初心者の方もある程度の得点が取れます。

2、英文法を覚えるより英文法問題に慣れましょう。

英文法そのものを覚えるよりも、問題に慣れることが効果的です。 時間をかけて問題集を解けば、誰でも成果を出せるセクションです。基本問題しか出題されませんから、時間はかかりますが、2〜3冊のTOEIC英文法問題集を解いておけば特別なことをしなくても結果は出ます。

・自信のない方は、イフ外語学院のTOEIC990 速解英文法にWeb講義が無料で付いていますので、問題を解いた後にこの講義を受講されることをお勧めします。

3、リスニング:TOEICよりも少し速度が早めの問題集を利用しましょう。

リスニングは実際に使用される会話速度より遅くなっています。聞き流すだけの教材が流行っていますが、そのやり方では効果が出るまでに数年以上かかってしまいますので、初心者はまず日本語を読み、次に英文を読み、音声を聞くという手順が良いでしょう。

手始めにイフ外語学院のTOEIC990 速解リスニングで明記されている英文上の発声されない音を履修されると、その後の満点取得の布石になります。

大量にリスニングを演習する場合は 、イフ外語学院のWeb&ケータイリスニングが最も効果的です。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ