TOEFLのイフ外語学院。個人レッスンと補習が標準装備。MBA・LLM留学やTOEFL、GMATテスト対策ならお任せ下さい。

  • 東京校
  • 大阪校

TEST対策プログラム

MBA/LAW

出願状況
合否状況は現状分析にとても役立ちますので、出願状況について
フォームよりご連絡頂ければ幸いです。

営業時間

東京校

平日12:00~20:00
土曜日9:30~20:00
日曜日10:00~15:00
定休日火曜日

新大阪校

平日12:00~20:00
土曜日12:00~20:00
日曜日12:00~20:00
定休日火曜日・木曜日

TOEFL®テスト対策

TOEFL® Test 33段階勉強法

TOEFL® Test 3段階11テスト分野別 33マトリックス攻略法

4セクション

各30点 120点満点

READING
LISTENING
SPEAKING
WRITING

11分野

1 Reading 1分野

Listening 2分野

 会話聞き取り問題
 講義聞き取り問題

Speaking 6分野

 Type 1
 Type 2
 Type 3
 Type 4
 Type 5
 Type 6

Writing 2分野

10 読解+講義聞き取り:integrated
11 課題のみ :independent

総合アドバイス

初級 limited中級 fair上級 good

初級は丸暗記のフォーマット学習が中心です。中学生レベルの英語力の方から対応できます。
Writing independentの履修から始めるのが全体点数を上げる最速法です。
英文300ワードを30分で書かなければなりませんが、イフ外語学院では初心者用の300ワードを丸暗記して得点できるフォーマットがあります。
これを暗記して問題別の応用法を訓練し、添削指導を受講してください。
初心者の方も15点満点で13点程度は数か月で達成できます。
フォーマット内容は数か月単位で定期的に変わります。市販テキスト、フォーマットのように大勢の方が、同じ内容を書くということはありません。
次に早く得点できるのはSpeakingのType1とType2です。6つのテストで30点満点ですが、Type1とType2だけで8点程度確保できます。最短で1日、長くとも2か月でWriting independentとSpeaking のType1とType2の合計点だけで20点以上を確保します。

中級レベルの方もWritingの得点を数か月で25点にするのが最速です。
Independentはフォーマット応用で満点の15点を狙えます。
Integratedでは、初心者用フォーマットの一部応用と聞き取り内容を盛り込む訓練と添削で12点程度は3か月で達成できます。
Writingだけで合計27点はよく出ている点数です。

長期間スピーキングのレンジが17〜19点の方は、スピーキングもフォーマット演習で21〜23をコンスタントに出せるようになります。
止まらないことと、発音強化、連続音を話せるようになることが最速です。
受講1か月で18点を20点に伸ばす事例はたくさんあります。3か月程度で安定して20点以上を確保できるようになります。

テスト形式に慣れている方のリスニング対策としては音声識別コースまたは個別発音レッスンが最速です。

すでに90点程度の得点をお持ちの方は、各セクションでの得点の変動を少なくすることが第一歩です。変動の原因を11のセクション別に細かく把握し、そこに絞り込んだ対策が効果的です。
100点以上を目指す方は、writingの27点、Speakingの23点は出しやすい得点ですので、この合計が毎回50点以上ならば、100点突破はさほど難しくありません。
このレベルではスコアカウンセリングが特に重要です。
スコアカウンセリングではETSのスコアシートを分析すると同時に、最も効率の良い得点箇所を分析します。
高得点者は、各分野での伸びる余地が少ないので、戦略的な学習時間配分と、細かく分野を絞り込んで、その分野のスキルに特化して学習する必要があります。
102点から1か月で109点まで伸ばせた例もあります。
スコアカウンセリングはスコアシートが返却される毎に無料で受講できる個別カウンセリングです。(4科目受講生特典)

Reading

初級 limited中級 fair上級 good

英単語を覚えることは長期的には有効ですが、1か月以内での短期得点上昇には役立ちません。
Readingは14番の配点が10点満点の2点から3点あるので、ここでの時間を十分確保することが重要です。
3つのパッセージの14番の3問だけで30点満点の7点あります。
特に初心者の方は、時間切れで、ここでの得点がゼロ点に近いケースが多々あります。
イフ外語学院のテクニックDVDで、問題の本文を絶対に一読しないこと。速読をしないことなどを、DVD講義と演習で理解してください。
また、問題別に捨てるべき問題のタイプを認識してください。
これで、時間を確保して、最終14番の毎回出てくる不正解パターンを理解しましょう。
7点で2点程度の確保しかできていない方は、ここだけでさらに2〜3点得点上昇できます。

Readingの上級者最終目標は30点満点ですが、中級も27点程度が目標点になります。
問題処理速度と精度を上げて英単語問題以外は、全問正解を達成しましょう。
毎回出題の代名詞問題、purpose問題、in order to問題、Why問題は本文で答えが書いてある場所が決まっています。これを授業で理解しましょう。速度と精度が格段に向上します。
最終のサマリー問題で、本文に書いてあるのに不正解なるパターンを理解しましょう。授業とWeb専修Reading講義を受講して、不正解パターンを反復理解しましょう。
配列問題の順番を当てるキーワードとテクニックは5つ程度で万全ですから、これの理解を速めてください。
本文暗転の言い換え問題も毎回同じ不正解パターンが出題されます。それが最も迷い時間のロスが発生する箇所です。不正解パターンの狙い撃ちで時間短縮と精度を上げましょう。

テスト時間にも対応し、問題は全て解けたつもりなのに、26点程度しか出ていない方は、恒常的にひっかけ問題にはまっている可能性が高いです。
また、市販教材のレベルに慣れてしまうと実力以下の得点しか出せなくなることがあります。市販レベル教材では、不正解パターンを入れていないケースや、文章そのものが本試験よりも読みやすくなっているからです。効果的な対策は本試験以上の難易度を確保しているイフ外語学院のテキストと講義で対応することです。
3か月以上講義を受講して、自宅学習問題が不足する方はGMACが出しているGMAT Verbal ReviewのReading問題がお奨めです。
独学に不安がある方はWeb講義を別途お申込みになれます。
DELTAのTOEFL Practice Setも長さ的には本試験と近い内容になっています。難易度は少し低めです。

Listening 会話

初級 limited中級 fair上級 good

会話問題でも得点できない理由はキャンパス系の会話内容や用語に不慣れなだけです。
Web Listeningでキャンパス関係用語を集中学習しましょう。listeningが10点未満の方は、聞き取り練習ではなく読んだだけでも得点上昇します。
Web Listening は1か月間で400問題ありますが初心者は問題を解かないでください。
初心者の方は日本語を読む、英文を読む、英語を聞くという順序が最も効果的です。
テスト形式とメモ取りのテクニックはTOEFL listeningクラスや音声意識別コースで履修しましょう。5点程度からスタートして、2週間程度で12点、1か月で15点まで伸びるのが標準的です。

キャンパス系の用語にも慣れ、読めば全問正解できるが、聞くと、ところどころ意味が把握できない方は、アメリカ英語特融の発音に対応していないからです。自分が音声を聞いて、どの部分が実際に聞けていないかを把握するのは難しいです。理由は文字を見てしまうと、そのあとには音声が聞けた気になってしまうからです。
聞く、問題を解く、聞こえない箇所の英文を見る、再度その音声を聞くという学習法では23点程度から、極端に得点の伸びが落ちたり、またテスト毎に得点が下がったり、上がったりします。
対策は、まず実際には文字を見ても聞こえていない音声の認識と、その音声の構造を理解することです。
音声識別クラスや、その個人レッスンが最も有効なレベルです。

上級者で、講義聞き取り問題よりも会話問題が不得意という方は、会話問題に関しては初級だということです。
左の初級と中級の対策が有効です。

Listening 講義

初級 limited中級 fair上級 good

初級の方は、英文原稿を聞く代りに読んでも問題を解くのに時間がかかるケースがあります。
まず、会話問題で得点できるようにしましょう。講義問題の対策としては、メモ取り速攻テクニック1日入門講座(4科目受講生無料)の中で解説している読解力を短期間で養成する自宅学習法を聞いて、それを実行してください。必ず短期間でReadingとListening講義問題での得点上昇につながります。

題材が難しくなると、極端に内容の理解度が落ちるが、それでも英文原稿を読めば大半の問題が解けるというレベルの方は、まだ、聞き取り能力ではなく、自分の知識や教養からの推測で問題に対応しています。
リダクションやリエゾンなどの文字とは全く異なる発音への認識力を高める必要があります。この場合、絶対にアメリカ英語での訓練が不可欠です。明瞭なイギリス系英語に慣れすぎるとアメリカ英語は聞き取れません。
音声識別マスターコースで根本的に自分のアメリカ英語音の構築が最速の対策です。

30点満点を取る最終段階では、早い音声の全パターン認識と、持続力と、メモ取り能力が必要です。
音声認識マスターコースでは海外旅行経験もほとんどないという方が満点を実現しています。最速のnative発音が出来るようになれば、余裕を持って講義問題に対応できます。
また、自宅でWeb Listeningなどの音声の早い教材で聞き取り不可能箇所を洗い出し、個別レッスンで急速に不明箇所ゼロにするのも最速の得点上昇法です。

Speaking type 1

初級 limited中級 fair上級 good

最速で得点できる分野です。フォーマットの丸暗記と応用訓練で、短期間でgoodになります。
初心者は、万能フォーマットの音読訓練から始めましょう。基本発音をスピーキング補習や個別レッスンで学習してください。

最速で得点できる分野です。フォーマットの丸暗記と応用訓練で、短期間でgoodになります。
中級者は、万能フォーマットを間隔を開けないで読める訓練と早く読める訓練をしてください。

すでにgoodを取っている場合でも万能フォーマットの方が満点を目指せます。

native並みの発音、速度、リズムを訓練しましょう。

Speaking type 2

初級 limited中級 fair上級 good

最速で得点できる分野です。フォーマットの丸暗記と応用訓練で、短期間でgoodになります。
初心者は、万能フォーマットの音読訓練から始めましょう。基本発音をスピーキング補習や個別レッスンで学習してください。
テキストに応用事例がたくさん掲載されていますので、自宅でも異なる問題への応用訓練をしてください。

最速で得点できる分野です。フォーマットの丸暗記と応用訓練で、短期間でgoodになります。

中級者は、万能フォーマットの5以降を段階的削除して、goodの高い得点を目指してください。授業を普通に受講するだけで、この訓練は可能です。

上級者は万能フォーマットのオリジナル化と、そのパターンを固定して使う訓練が有効です。

通常授業で純分満点を目指せます。

Speaking type 3

初級 limited中級 fair上級 good

60秒中40秒は聞き取り内容に関わりなく話せるようにフォーマット訓練をしてください。暗記するだけです。
聞き取り部分も、簡単な単語を、4つ程度メモを取れば、よどみなく話せるフォーマットが開発されています。
授業での訓練で、1か月単位で実力を養成できます。

60秒中40秒は聞き取り内容に関わりなく話せるようにフォーマット訓練をしてください。暗記するだけです。
全体得点で23点を目指す方は、ここで3.5の得点が必要ですが、聞き取り部分を説明する時に、話す空白や繰り返しを無くせば、無理なく達成できます。聞き取り部分も、簡単な単語を、4つ程度メモを取れば、よどみなく話せるフォーマットが開発されています。授業で、コツをマスターしてください。

60秒中30秒は聞き取り内容に関わりなく話せるようにフォーマット訓練をしてください。

聞き取り部分を話す訓練に特化してください。

すでにgoodを達成している方はnative講師のクラスがお奨めです。

Speaking type 4

初級 limited中級 fair上級 good

60秒の内40秒はリスニング内容が全く聞き取れなくても、よどみなく話せるフォーマットがあります。これを暗記してください。
聞き取り部分も全体の20%程度の音が判れば、残り20秒が話せるシステムがあります。これも覚えるだけです。リスニングの得点が30点満点の10点未満の方も最初からfairを狙えます。

60秒の内40秒はリスニング内容が全く聞き取れなくても、よどみなく話せるフォーマットがあります。これを暗記してください。
聞き取り部分も全体の20%程度の音が判れば、残り20秒が話せるシステムがあります。これも覚えるだけです。リスニングの得点が30点満点の20点未満の方は最初からgoodの低い点数を狙えます。

Goodの高い得点を目指す方も最初の40秒はフォーマット利用が便利です。残り、20秒に関しては授業で上級者の対応法を講義しています。

Type4とType6は同じテクニックですので、ここでgoodが取れると全体得点で25点以上を目指せます。

Speaking type 5

初級 limited中級 fair上級 good

Type2のフォーマットをマスターし、聞き取りができない場合の応用法を授業で学習してください。内容が全く聞き取れなかった場合もfairを十分目指すことができます。

Type2のフォーマットをマスターしてください。リスニングで会話中の問題点や解決法の一部が聞こえなかった場合でもほとんど減点されないメソッドがあります。講義と訓練があります。

リスニングができる方は満点を取れるテストです。
発音と連続音の訓練に集中してください。

Speaking type 6

初級 limited中級 fair上級 good

リスニングができる方は満点を取れるテストです。発音と連続音の訓練に集中してください。reading無しで純粋講義聞き取り問題ですので、全く話せないという方もおられますが、講義内容に関わりなく最低でもfairが狙えるフォーマットがあります。

reading無しで純粋講義聞き取り問題ですので、全く話せないという方もおられますが、講義内容に関わりなく最低でもfairが狙えるフォーマットがあります。

自分の聞き取りメモから、スピーキングを立ち上げる訓練が効果的です。
すでに全体得点で23点ある方はnativeの授業で、この訓練をしてください。

Writing Indtegrated

初級 limited中級 fair上級 good

聞き取りが初級の方は、integrated問題の初心者用のフォーマットを利用しましょう。ほぼ丸暗記で、15点満点の8点を確保できます。

市販教材のフォーマットは最初から減点される内容が多いので、それを変更するだけで得点が伸びるケースが大半です。

リスニングができる方は文法、ロジックでの細かい添削を受けることで満点が狙えます。イフの添削は相当細かい減点までフォローします。

Writing Independent

初級 limited中級 fair上級 good

Independentは300ワードの丸暗記フォーマットの応用で、最速1か月で12点は取れます。

Independentは300ワードの丸暗記フォーマットの応用で、最速1か月でgoodが取れます。

フォーマット応用で満点者が続出しています。フォーマット内容は数か月毎に変更されています。

イフ外語学院

東京校(四ッ谷)
タップで電話が繋がります。TEL : 03-5366-5731
新大阪校
タップで電話が繋がります。TEL : 06-6305-0721
Copyright (C) IFS All Rights Reserved.
ホーム
プログラム
TOEFLテスト対策GMATテスト対策
GREテスト対策SATテスト対策策
TOEICテスト対策e-ラーニング
学校概要申込・お支払い
アクセスお問い合わせ